長谷川 心って素敵な女の子!アニメ『ランウェイで笑って』5話 海外の反応

こんにちは!アニはん管理人です。

今回は、2020年冬アニメから『ランウェイで笑って』5話に対する「海外の反応」をご紹介します。

週刊少年マガジンにて2017年から連載中の本作品。少女漫画に見える作風ですが、その内容はゴリゴリの青春マンガです。

前回は育人に代わって、長谷川 心、綾野 遠と新しい登場キャラクターにスポットが当たった回でした。特に綾野 遠は興味深いキャラクターで大学では頭一つ抜けた天才デザイナーと呼ばれ、有名デザイナーの義母のブランド「Aphro I dite」にて働いている経歴を持った人物です。

果たして、郁人と遠はどんな化学反応を見せるのでしょうか。

「海外の反応」まとめ

ああ、千雪も育人も一緒にいると可愛い(まあ、千雪はいつでも可愛いけど、それは置いといて)もし彼らがくっつかなかったら、怒るかも。あと、薫の扱いについても良かったと思うよ。薫を悪者にしなかったし、最終的には盛り上げて良い人にしてくれたよね。
自然体で冷たい感じの人物にはしたけど、悪人にはしなかったね。説明が難しいけど、僕が思ったのはそういうことだよ。
ランウェイはトラックくんのように、どこからともなくいきなり現れて私に直撃した。たまにもどかしいけど、めっちゃ良いアニメだよ。
心が育人のことを必然的に好きになって、育人が彼女にはできないって断る時が悲劇だね。そういう方向に行かなかったらかっこいいけど。
少年漫画が今まで辿ってきた道の感じでは、そうなるんじゃないかなって思ってるよ。
心のパートはとっても強烈だった。彼女はかなり荒れてたよね。それに、未成年にみんなの前で服を脱ぐことを強制とかできるのかな?「プロ」とか、「仕事だから」とかいう言葉は問題じゃないよ。僕はそんなこと許されないと思うな。
彼女がトラウマになるのも、怖がるのも不思議じゃないよ。
育人という素敵な男の子と、ライバル含め左右の魅力的な人たち。特に心に関して、きっと将来的にそんなに問題になることはないと思う。すでにちょっと三角関係っぽいものは感じられるね。
彼は文字通り数日前は彼女のスカートの下にいてプロみたいに支えてたけど、今回はタンクトップとショートパンツだけだったからめっちゃ顔真っ赤にしてたねw
自分のやるべきことを先延ばしにして、人が夢のために一生懸命働いているのを見るようなものじゃないな
心って素敵な女の子だよね。元々はモデルになることを目指してたけど、綾野麻衣に影響されて結局デザイナー志望になった。
オープニングを見ると、育人が何をゲットするのかわかるよ。心のマネージャーがモデルを失いたくないのはわかるけど、それって単なる意地悪だよな。成功したモデルで、デザイナーに転身した人は沢山いるし。
おお~、彼女は基本的に千雪と正反対だね。彼女はモデルになるための要件とスキルを全部満たしてるけど、彼女の周りの人が原因で怯えている。そいつらクソだな。
育人が何かして、部屋にいるほこりみたいなクズ達を追い払ってくれるのが楽しみだよ。
公平にするために、彼は壊したりはせず、改善した。千雪が転んだのは千雪の失敗のせいじゃなかったけど、バカな奴が箱の中から壊れた靴を取り除いておくのを忘れてたせいだ。結局、もっと千雪が見たい!最近あんまり出番が多くないから心配だよ。
千雪が、育人に目のやり場に困るって言われても、全然気にせずにストレッチを続けてたところが大好きだよ。爆笑
彼らの関係は(まだ)全然ロマンチックな雰囲気にならないけど、千雪の育人に対する見方や、千雪が育人のインスピレーションの源になっていることとかに憧れるな。
育人が来週は何を思いつくのか、楽しみで待ちきれないな!
私は、千雪と育人がロマンチックな関係になるのか判断できないけど複雑だな。
本当にそういう方向に向かってほしいのかどうかもよくわからない。それに、いままでのストーリーではかなり曖昧だよね。アニメの恋愛の運命が決まってないのは、嬉しい驚きだけどね。
新しい女の子、心は素晴らしい子だけど、千雪のほうが尊い
なんてこった、千雪のキャラデザは完璧だ…
うーん、これはめちゃくちゃいいね!こういうタイプのアニメに夢中なんだよ。

Souce Reddit

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。